大人はもちろん、子どももパクパク食べる!「下仁田ねぎのチーズアヒージョ風」

枡田絵理奈の「聴くコラム」 #23

2022.04.26

img_masudacolumn_title2.jpg

元TBSアナウンサーで、現在は広島在住のフリーアナウンサー枡田絵理奈さんによる「聴くコラム」。毎回「食」や「暮らし」にまつわる様々なお話をしながら、枡田さんおすすめの「おうちごはん」を一品紹介してもらいます。

第23回は、忙しいときに便利な「テイクアウト」について。東京と広島の枡田さんイチオシのお店をご紹介します。またコラムの最後では、おうちで作れる「下仁田ねぎのチーズアヒージョ風」の作り方も。簡単でおいしい!レシピとともに、コラムをお楽しみください。


音声を再生してお楽しみください。
Spotifyでもお聴きいただけます!


新生活とわが子のイヤイヤ期の始まり

春を迎え、新生活をスタートさせた方も多いと思いますが、みなさんいかがお過ごしですか?バタバタと忙しくされている方もいれば、新たな世界にワクワクしている方もいらっしゃるかと思います。

わが家では、あまり新生活は関係ないのですが(笑)、二歳の娘がイヤイヤ期に突入しました!娘は『パウ・パトロール』というアニメが大好きなのですが、この間セールになっていたそのキャラクターのパーカーを買ってあげたんですね。それはそれは喜んでくれて、「すぐ着る!」って帰りの車の中で着て、とっても喜んでくれて。

よかったなあ、なんて思ったのもつかの間……「お風呂入るよー」と言うと「いやだ。ぬがない」と。

「その服気に入ってるもんね、じゃあ一回脱いでお風呂入ってからまた着る?」「やだ」「じゃあお風呂でスーパーボールすくいする?」「いやだ。ぜったいぬがない」「お魚釣りする?それか、バスボムでシュワシュワしようか?」「やだ。ぬがない」って、結局何を言ってもダメで。結局そのパーカーを脱がないまま、なんとかお尻だけ洗って、その夜は寝たんですけども(笑)。

こんなご時世ですし、衛生面は特に気になるので、「きれいに洗いたいな」と思いながら…。翌朝、幼稚園のバスに送っていったときに、ママ友に「昨日この子お風呂入ってくれなくて」と話をしたら、いろいろアドバイスをもらったんですよね。そして、また夜がやってくるわけです。

「今日はお風呂に入ろうね」「やだ、ぬがない。ずっとこれきる」。もうどうしようかなあと思ったときに、はっと思い出して、赤ちゃんのときに使っていたベビーバスを押入れから持ってきたんです。

それで「今日、これで赤ちゃんごっこしちゃう?」と言うと、「する!」って即答(笑)。

絶対に脱がないって言っていたパーカーをパパッと脱いだんです。

もう大きくて、ベビーバスに全身は全然入らないし、パンパンなんですけど、赤ちゃんのときとおんなじ洗い方をしてあげると、すごく満足そうで。「答えはベビーバスだったかあ」って思いました。

翌朝、洋服が変わっていたので、幼稚園のお友達のママ友も「お風呂入ったんだ!よかったね!」って、一緒になってほっとしてくれたんですけれど。そんな感じで、今はけっこう次女に手こずっています(笑)。

バタバタの毎日の救世主はテイクアウト

ちょっと時間が経てば、「かわいかったな」って思えるんですけど、その瞬間って、自分自身も「はあーどうしよう」とか、「こんなことに時間使ってる場合じゃないのに」と、あれこれもやらなきゃ!ってけっこう疲れてしまって。もうHPがゼロになってしまうみたいな感じで(笑)

そうなると、ごはんを作る気力もなくなったりして。その日の計画が狂ってしまうんですよね。食材を買いに行く予定だったのに「家出たくない」とか言われちゃって、買いに行けなかったりとか。なかなか思い通りにごはんが作れない日が、最近多いんです。

そんなときに、頼りになるのがテイクアウト。みなさんにとっても忙しい日々の救世主なんじゃないかなと思います。

もともとわが家はテイクアウトが好きで、夫が野球選手ということもあって、お店に個室がない場合はテイクアウトしておうちで食べることも多いんです。

昔はテイクアウトができるお店も少なかったので、お店のリストなんかも作っていました。わが家にとっては、それくらいテイクアウトは馴染みのものだったんです。でも最近は本当に便利になりましたよね。

ほとんどのお店でテイクアウトができるようになっているように感じますし、ウーバーイーツやウォルトといった宅配サービスも増えてきて、お店の味をおうちで食べることが手軽にできるようになって、かなり助けられています。

私は今広島在住ですが、以前は東京に住んでいて、今も仕事で東京にはよく行くので、今回は広島と東京にある、お気に入りのテイクアウトのお話をします。

隙あらば寄りたい、大好きな東京のテイクアウト!

まずは東京。東京は…おしゃれですよね!(笑)。大好きなのは、「CITYSHOP」というお店。すごくたくさんの種類の、新鮮なサラダがあるお店です。そこのデリが大好きで。おしゃれで、名前を聞いたことないような野菜とか、ビーガン系のメニューとか、とにかくいろいろあるんです。

どれもこれも本当にヘルシーなのに、すごくおいしくて大満足!「ファイブデリ」といって、5種類のデリを頼めるメニューがあるんですけど、私はその5種類じゃいつも足りなくて2、3個追加するんです。すると、「スプーン何個いりますか?」って聞かれて、「あ、1個でいいです」って(笑)。恥ずかしいんですけど、そうやってたくさん頼んじゃうくらい、大好きなお店です。

あと、もう一つ好きなのが「PARIYA」っていうお店。みなさんご存知ですか?

PARIYAもすごくおしゃれでヘルシーなデリのお店なんですが、その中にもボリューミーなおかずや揚げ物もあって、副菜の種類がとても豊富なので、楽しくていつもワクワクしちゃいます。

仕事の合間にも、隙あらば近くのPARIYAを探してなんとか行きたい!みたいな気持ちでいるんですけど(笑)。このPARIYA、実は『PARIYAの野菜たっぷりデリごはん』というレシピ本を出しているんですね。もう販売はしていないのですが、私はそれを中古で買って、宝物になっています。

デリのお店なので、冷めてもおいしいレシピばかりで、子どもたちのいないお昼時にたくさん作っておいて、夕飯でお店みたいに「どれにする?」ってバイキング形式にして楽しんだり、お弁当に入れたりができるのもうれしいです。ほかにもデパ地下とかですと、「RF1」とか「柿安ダイニング」とか、そういったお惣菜屋さんにふらっと行って、もちろん買って帰るときもあるんですけど、ショーケースを見ながら、「へえ、この組み合わせ合うんだ!」と勉強したりもしています。
いつものマンネリ化した食卓が、新鮮になるのでいいですよね。

日常から特別な日まで。広島のお気に入りテイクアウト

広島のテイクアウトは、もう本当に余力がないときには「ほっともっと」のお弁当を買ったりもするんですけど、外食しづらい今、特別な日にテイクアウトを利用することがとても多いです。

おすすめのお店を二つご紹介しますね。一つが「和牛工場はくり(白李)」。ここは焼肉屋さんがやってる精肉店で、焼肉屋さんと同じオーダーの仕方ができます。例えば、ネギタン塩を1皿とか、焼いてない状態のお肉をそのまま自宅に持って帰ることができるんです。

下味が付いているので、おうちで焼肉屋さんクオリティの焼肉が堪能できます。大トロタンとかもすごくおいしいです。うちに帰って焼くだけでお店の味を楽しむことができるので、とってもおすすめです。

そしてもう一つは、広島にあるリーガロイヤルホテルの「ルオーレ」というレストラン。ここでは、シュラスコ料理が食べられます。このシュラスコのテイクアウトが、ものすごく!おいしくって。

私はおうちでも、お肉を串に刺して、お店の人みたいに「ビーフ?チキン?」って言いながら出したりしているんですけど(笑)。ガッツリとしたお肉を食べたいときとか、ホームパーティーにもすごくおすすめなので、もし広島に住んでる方がいたらぜひ食べてみてください。

あとは、テイクアウトと言えば、やっぱり「マクドナルド」。うちは子どもが三人で、私含め、大体四人で食べるんですけど、みんなでポテトを頼んじゃうと、ポテトが余るんですよね。なので最近、頼み方を工夫するようになりました。

色々考えた結果、ハッピーセットを三つ頼むときに、ナゲットセットとハンバーガーセット、そしてパンケーキのセットの三種類にして、それらを三等分ずつに分けて、みんなが全部の味を食べられるようにしています。

サイドメニューはヨーグルトで、ドリンクはアップルジュースか牛乳にします。どれもパック入りなので、その時お腹がいっぱいになっても、後日食べたり飲んだりできます。

私の分は、照り焼きバーガーセットにポテトをLサイズ。そのポテトを四人で分けると、残らずにちょうどぴったり食べきることができます。これがわが家では一番無駄のない、今のマクドナルドの楽しみ方かなと思っています。

ちなみに宅配とかで届くと、ポテトがしなしなになってたりするんですけど、油をひかずにフライパンでササッと温めるとカリカリに戻るので、ぜひ試してみてください。

クセになるおいしさ!「下仁田ねぎのチーズアヒージョ風」

「聴くコラム」で毎回ご紹介している、わが家のおうちごはん。今回は「下仁田ねぎのチーズアヒージョ風」。ねぎは下仁田ねぎじゃなくて、ただの長ねぎでも大丈夫です(笑)。ただ私が下仁田ねぎにハマってるので、それだったらなおさらおいしいよ!ということで、このタイトルにしました。


材料

  • 長ねぎ…1〜2本ぐらい
  • 塩こしょう
  • ガーリックパウダー
  • 粉チーズ
  • オリーブオイル

作り方

1. 長ねぎは2〜3センチの輪切りにし、グラタン皿に立てて並べる。
img_masudacolumn_023-01
2. オリーブオイルを、さささーと回しかける。(少量で大丈夫です!)
img_masudacolumn_023-02
3. 少し強めに塩こしょう、ガーリックパウダー、粉チーズをかける。
img_masudacolumn_023-03
4. トースターで10〜20分焼く。長ねぎがとろっとなったら完成です!
img_masudacolumn_023-04

アヒージョというと、普通ドボドボッとオイルをかけるんですけど、そんな感じではなくて、ササッと回しかけるくらいで大丈夫です。

冷蔵庫にほとんど何もないけど、「長ねぎ一本だけならある」みたいなときってあると思うんですけど、そういうときにおすすめです。見た目もなんだかかわいいですし、本当にねぎが甘くなります。

わが家の子どもたちは、うどんとかに入っている辛い長ねぎが苦手なんですけど、これは「ねぎって焼いたらこんなに甘いんだね。おいしい!」と言って、バクバク食べてくれます。

もう一品足りないなっていうときにも、焼く時間はかかりますが、準備は三分もかからないでできちゃう料理なので、とっても手軽でおすすめです。

ミニトマトとかソーセージ、あとはズッキーニとかきのこがあったら、そこに一緒に入れてオーブンで焼いても、とってもおいしいと思いますし、そうするとメインのおかずにもなるかなと思いますので、「オリーブオイルと塩こしょうしたらおいしそうだな」と思う食材があったら、ぜひチャレンジしてみてください。

さいごに

この四月、わが家では長男が小学校に入学しました。と言うものの、実はこの収録をしているときは入学式直前の段階なので(笑)、これからどういう未来が待っているんだろう?ってすごくドキドキしているところです。

今年は、長男が小学校一年生、長女は幼稚園児の年中さん、そしてまだ家にいるイヤイヤ期の二歳の娘という、三人が違うパターンで生活することになるので、お弁当とか、体操着とか、プリントとか、そういうものの忘れ物がなく、ちゃんと過ごすことができるのかなとちょっと不安に思っています。

でも、息子は幼稚園で大好きだった女の子がいて、卒園式にその子と別れるのがすごく悲しいんじゃないかな?と思って聞いてみたら、「まあ小学校にもかわいい子いっぱいいるでしょ」って、なんかすごい前向きだったので(笑)。勉強もいいですけれど、いいお友達を作りながら、そしていい恋をしながら、たくましく、楽しい小学校生活を送ってもらえたらなと思っています。

いただいた感想やリクエストには、なるべくお答えしていきたいと思っていますので、みなさんぜひ気軽に送ってみてくださいね。お待ちしています。

それではまた次回お会いしましょう、枡田絵理奈でした!

枡田絵理奈

1985年12月25日生まれ。神奈川県出身。2008年にTBSテレビに入社し、『チューボーですよ!』『ひるおび』などの番組で活躍。2014年に広島東洋カープの堂林翔太選手と結婚し、TBSテレビを退社。現在は広島で3人の子供の育児をしながらフリーアナウンサーとして活動。「アスリートフードマイスター3級」「食育実践プランナー」の資格を持つ。

この記事をシェアする

文・音声編集:佐々木久枝
カバー写真:前康輔

がんばる日も、がんばらない日も、あなたらしく。

がんばったことやがんばらないと決めたこと、
ハッシュタグをつけてアイスム編集部に教えてください!

#アイスムがんばる日

投稿する

#アイスムがんばらない日

投稿する