簡単トマトソースで「餃子の皮ピッツア」と「チーズ肉団子のトマト煮」

おうち居酒屋ツレヅレハナコ #3

2020.09.08

一つの食材から「子ども用お品書き」と「大人用お品書き」の二品をツレヅレハナコさんに作ってもらう、「おうち居酒屋ツレヅレハナコ」。今月のおすすめ食材は、「簡単トマトソース」です!このトマトソース、なんと材料は、トマト缶とオリーブオイルと塩のみ!本当に「簡単!」なので、ぜひ作ってみてくださいね!

ツレヅレ店長より、今月のおすすめ

img_ouchiizakaya_003-title.jpg

いろいろなレシピにアレンジできるトマトソース。
とはいえ、実は「作るの面倒くさいな~」と思っている人も多いのでは。

だって、まずはにんにくと玉ねぎをみじん切りにしなきゃでしょ。それをオリーブオイルで炒めて、トマト缶を入れて煮詰める……。野菜を細かく切るのが地味に面倒!

実は私も、長年そう思っていました。でもイタリアへ行って料理を習ったとき、地元のマンマ(=お母さん)が作り始めたトマトソースの材料に衝撃。

必要なのは、トマト缶とオリーブオイルと塩。以上!

えーーーーー!?にんにくと玉ねぎ、入れなくていいの!?

聞くと、もちろん使うレシピもあるものの、「オイルとトマトソースだけでもおいしくできるわよ」とマンマ。

ポイントは、「オリーブオイルをたっぷり使うこと」「トマト缶を入れたら、じっくり弱火で煮詰めること」だそう。

調味料の役割となるオリーブオイルを、トマト1缶に対して1/4カップ入れることでソースにコクが出る。そして弱火で煮詰めることで、酸味がとんでまろやかになるのだそう。

それを知って以来、すっかり気楽に作れるようになったトマトソース。
ぜひ、皆さまもお試しくださいね!

基本「簡単トマトソース」


材料(作りやすい量)

img_ouchiizakaya_003-01.jpg

  • カットトマト水煮缶…1缶
  • オリーブオイル…1/4カップ
  • 塩…小さじ1/4

深めのフライパンか鍋にオリーブオイルを熱し、トマト缶を入れてすぐにふたをする。油のはねが落ち着いたら塩を加え、ふたをせずに弱火で20分ほど煮詰める。

img_ouchiizakaya_003-02.jpg

子ども用お品書き「餃子の皮ピッツア」


材料(2人分)

  • 基本の「簡単トマトソース」…大さじ6
  • 餃子の皮…6枚
  • ソーセージ…3本
  • ピーマン…1/2個
  • とろけるチーズ…80g
  • 粗挽き黒こしょう…適宜

作り方

1. ソーセージは輪切り、ピーマンは半分に切って千切りにする。
2. 餃子の皮にトマトソースを塗り、ソーセージ、ピーマン、とろけるチーズをのせてオーブントースターでチーズが溶けるまで焼く。お好みで粗挽き黒こしょうをふる。
img_ouchiizakaya_003-03.jpg
img_ouchiizakaya_003-04.jpg

大人用お品書き「チーズ肉団子のトマト煮」


材料(2人分)

  • 基本の「簡単トマトソース」…1/2量
  • 合い挽き肉…300g
  • パン粉…大さじ4
  • 酒…大さじ2
  • 塩、こしょう…各少々
  • ひと口サイズのモッツァレラチーズ…4個
  • パセリのみじん切り…適宜

作り方

1. ボウルに合い挽き肉、パン粉、酒、塩、こしょうを入れてよく練り混ぜる。モッツァレラチーズは半分にちぎる。
2. 肉だねをピンポン玉くらいの大きさに丸め、中心にチーズを入れて包む。
img_ouchiizakaya_003-05.jpg
3. 鍋にトマトソースを入れて温め、肉団子を並べ入れる。ふたをして5分ほど蒸し煮にし、全体をざっと混ぜて器に盛り、パセリをふる。
img_ouchiizakaya_003-06.jpg

レシピのポイント

「餃子の皮ピッツア」の具は、お好きなものをチョイス。
ゆで海老やアボカド、かにかま、きのこ類などもオススメです。

大人も一緒に食べるのであれば、チーズをブルーチーズなどにするとワインがすすむピッツアになりますよ。

「チーズ肉団子のトマト煮」は、余力があれば肉だねにレンチンした玉ねぎのみじん切りやナツメグを入れるとよりおいしい!

ポイントは、肉団子をトマトソースの上に並べたら周りがかたまるまで触らないこと。
生のうちに触るとくずれてしまい、肉団子ではなくミートソースになってしまいます(それもまた良いけど)。

焼きつけずに加えた肉団子からは、肉のうまみがトマトソースに溶け出して極上のおいしさに!

スパークリングワインと一緒に、ぜひササッと簡単に、晩酌を楽しんでくださいね~。

img_ouchiizakaya_003-07.jpg

ツレヅレハナコ

食と酒と旅を愛するフリー編集者。著書に『女ひとりの夜つまみ』(幻冬舎)、『ツレヅレハナコのじぶん弁当』『ツレヅレハナコのホムパにおいでよ!』(ともに小学館)、『ツレヅレハナコの薬味づくしおつまみ帖』(PHP研究所)、『食いしん坊な台所』(河出文庫)、『ツレヅレハナコの南の島へ呑みに行こうよ!』(光文社)がある。

この記事をシェアする

撮影:キッチンミノル
ロゴ・イラスト:おいしいデザインGOCCHI 後藤恵理子