トマト肉吸いとニラのレンジナムル

耳で楽しむおいしいスープレシピ #3

2020.05.05

img_soup_003-01.jpg

スープ作家 有賀薫さんの声でお届けする“聴くレシピ”。今回作るのは、焼いたトマトの旨みがたっぷり詰まった「トマト肉吸い」。「肉吸い」というのは、「肉うどん」からうどんを抜いたものですが、もちろんうどんを入れて食べてもおいしいスープです。
ぜひ聴きながら一緒に作ってみてください。

トマト肉吸い

img_soup_003-02.jpg


材料(2人分)

※4人分は倍の分量で同様に作れます。

  • トマト…1個 
  • 牛肉薄切り(細切れ可)…200g
  • 青ねぎ(細ねぎ)…6~7本
  • めんつゆ(3倍濃縮)…50mL
  • ごま油…大さじ1
  • 水…500mL

作り方

1. トマトはへたをとり、6~8個のくし切りにする。青ねぎはみじん切りにする。

img_soup_003-03.jpg

  • 包丁を前後に動かすようにして、つぶさないように切りましょう。
  • 半分に切った後は、皮の方ではなく、内側から切ると包丁がスッと入ります。
2. 鍋に水2カップほど入れて沸かし、牛肉を入れて色がさっと変わったら取り出しておく。

img_soup_003-04.jpg

  • 肉はまとめて入れるとくっついてしまうので、1枚1枚離しておきます。
  • また後で煮るので、完全に肉の色が変わる前に取り出します。
3. 鍋を軽く洗って再度中火にかけ、ごま油を熱し、トマトを入れてあまり動かさないように両面1分ずつ焼きつける。

img_soup_003-05.jpg

  • トマトの切り口を下にして、しっかり焼き目がつくぐらい焼きます。多少煮崩れてもOK!
  • 焼くことで、トマトの甘みや旨みがグッと引き出されます。
4. 水とめんつゆを鍋に加えてあたためる。煮立ったら弱火にし、牛肉を入れ、1~2分煮る。味を見て、めんつゆで調整する。

img_soup_003-06.jpg

  • めんつゆは「かけつゆよりちょっと薄め」を目安に調整してください。
  • トマトのあくは、気にならなければそのままでOK
5. 器に盛り、ねぎのみじん切りをのせる。

img_soup_003-07.jpg

  • みじん切りではなく、3〜4cmの長さに切ってもいいかもしれません。
  • ねぎはたっぷり乗せるのがおすすめです。

ニラのレンジナムル

img_soup_003-08.jpg


材料(2人分)

  • ニラ…1束
  • ごま油…適量(小さじ1/3〜1/4くらい)
  • 塩…適量(小さじ1/3〜1/4くらい)

作り方

1. ニラ1束を4cmくらいのざく切りにする。
2. 耐熱容器やボウルに入れ、ラップやふたをして、レンジで加熱する(600wで1分半くらい)。
3. 軽く冷ましたら、塩とごま油を加えて混ぜる。味をみて調整する。

おいしいポイント

  • 仕上げにみじん切りの生姜を入れたり、トマトを焼くときにニンニクを入れるのもおすすめです。
  • おうどんを加えても美味しくいただけますし、ごはんにもよくあいます。
  • レンジナムルは、もやし、人参、大根の千切り、ほうれん草などでも同じ方法で作れます。

有賀 薫

スープ作家。1964年生まれ、東京出身。ライター業のかたわら、家族の朝食に作り始めたスープを8年以上毎日続けている。スープの実験イベント“スープ・ラボ“はじめ、スープをテーマにしたイベントを多数開催。著書に『365日のめざましスープ』『帰り遅いけどこんなスープなら作れそう』『朝10分でできる スープ弁当』。

この記事をシェアする
撮影:木村琢也