中島ヨシキさんの声で作る「中東風フムストースト」

ボイレピ♪ 朝ごはん #18

2021.09.05

img_voicerecipe_018-01

休日の朝にぴったりの“聴くレシピ”をお届けする「ボイレピ♪ 朝ごはん」。

第18回は、声優の中島ヨシキさんをナビゲーターに迎えて「中東風フムストースト」を作ります。ひよこ豆のディップ「フムス」は中東の伝統料理。それをトーストに塗って、好きな具材を盛り付ければ栄養価の高い朝ごはんメニューに。世界各地の家庭の台所を訪れ、一緒に料理をしてきた岡根谷実里さんのレシピです。

料理の音は「しあわせの音」。世界の台所を探検する気分で、いつもとちょっと違う朝ごはんをお楽しみください。


材料(2人分)

  • パン...スライスしたものを4枚、トーストしておく
    ※全粒粉のパンなど、茶色系のパンがひよこ豆と相性がいいですよ。
  • フムス(作りやすい量)
  • (A)ゆでたひよこ豆(水煮缶)...200g
  • (A)練りごまペースト...30g
  • (A)レモン汁...小さじ1
  • (A)クミンパウダー...小さじ1
  • (A)塩...適量(ひとつまみ)
  • ひよこ豆煮汁...適量(大さじ4〜5杯)
  • トッピング1
  • アボカド…1/2個
  • 白ごま、レモン(またはライム)、塩…お好みの量
  • トッピング2
  • ミニトマト…2〜3個
  • フレッシュ・バジル、塩こしょう…お好みの量

作り方

1. ひよこ豆の水煮缶はボウルに重ねたざるの上にあけて、ひよこ豆と煮汁を分ける。煮汁もとっておく。(A)の材料をフードプロセッサーにかけ、ひよこ豆の煮汁を少しずつ加えて固さを調整しながら、なめらかなペースト状になるまで攪拌する。
2. アボカドとミニトマトをスライスする。
3. トーストしたパンに、1のフムスをたっぷり塗る。
4. 3にスライスしたアボカドをのせ、白ごまを散らし、レモン(ライム)をしぼり、軽く塩を振る。もう一種類は、スライスしたミニトマトをのせ、バジルの葉を散らし、軽く塩こしょうを振る。

おいしいポイント

  • 上にのせる具材は、お好みで何でもOK!具材なしでシンプルにフムスだけを味わうのもおすすめ。
  • フムスは冷蔵で数日は日持ちするので、まとめて作っておくと便利です。
  • パンはなんでも良いですが、ひよこ豆の風味に合うのは雑穀入りや全粒粉などの「浅茶色系のパン」です。ライ麦パンや黒パンなど「深茶色のパン」は酸味があるのでおすすめしません。
  • クミンは、比較的料理に取り入れやすいスパイス。油にのって香りが立つので、キャロットラペやマリネに加えたり、お肉を焼くときにこしょうのように振ったり、幅広く使えます。

img_voicerecipe_018-02

岡根谷実里さんの現地エピソード

ヨルダンの家庭で、朝食によく食べていました。フムスは中東の各地域で食べられている伝統料理ですが、たんぱく質が豊富で動物性食材を一切使用していないので、最近は欧米でも注目されていて、ヨーロッパのスーパーでもピーナツバターのように売っています。

アラブやユダヤ、キリスト教徒など、人種や宗教の違いを超えて愛される象徴的な料理がこのフムスです。イスラエルとパレスチナを隔てる高さ8メートルの「分離壁」に"Make hummus, not walls(壁を作るなフムスを作れ)"という落書きがされていたのが印象的でした。

img_voicerecipe_018-03

現地では、平焼きのパンにつけてそのまま食べたり、ファラフェル(ひよこ豆コロッケ)とともにパンにはさんで食べたりします。ディップ形式で食べる方が準備は手軽ですが、今回は休日の朝食らしくトーストにぬってトッピングする形にしてみました。色鮮やかなアボカドやトマトの他に、りんごとバルサミコ酢、焼きパプリカ、マッシュルームソテーなどもおすすめです。夏の時期は、きゅうりやズッキーニなども。お好きな具材で楽しんでみてください。


中島ヨシキさんからのメッセージ

中島ヨシキさんからのメッセージ

フォロー&RTで中島ヨシキさんのサイン色紙を3名様にプレゼント!

中島ヨシキさんサイン色紙

応募方法

  • アイスム編集部のTwitterアカウント(@ism_desk)をフォロー
  • #ボイレピ朝ごはん」のハッシュタグがついたアイスム編集部のツイートをリツイート
  • 同ツイートにリプライ、または引用リツイートでレシピの感想を投稿

応募期間

2021年9月11日(土)23:59まで

当選者の方にはアイスム編集部よりダイレクトメッセージでご連絡させていただきます。

中島ヨシキ

ナビゲーター:中島ヨシキ

6月26日生まれ。81プロデュース所属。主なアニメ出演作品は、『ヒナまつり』新田義史 役、『あんさんぶるスターズ!』南雲鉄虎 役、『アイドルマスター SideM』山下次郎 役など。ラジオ番組から生まれた音楽ユニット『UMake』としてアーティスト活動も行う。2021年8月16日には初写真集『中島ヨシキ写真集 Y』を発売。
好きな料理は「麺類全般」。用途によって使い分けている包丁がこだわり。

岡根谷実里

世界の台所探検家。長野県生まれ。クックパッド株式会社に勤務の後、独立。世界の台所を訪れて一緒に料理をし、料理を通して見える暮らしや社会の様子を発信している。執筆やワークショップの他に、全国の小中高校への出張授業も精力的に行っている。訪問国/地域は60以上。

この記事をシェアする

脚本・演出:飯村聖美
レシピ監修:岡根谷実里
イラスト:染町

がんばる日も、がんばらない日も、あなたらしく。

がんばったことやがんばらないと決めたこと、
ハッシュタグをつけてアイスム編集部に教えてください!

#アイスムがんばる日

投稿する

#アイスムがんばらない日

投稿する