山口智広さんの声で作る「タイのお粥 ジョーク」

ボイレピ♪ 朝ごはん #21

2021.12.05

img_voicerecipe_021-01

休日の朝にぴったりの“聴くレシピ”をお届けする「ボイレピ♪ 朝ごはん」。

第21回は、声優の山口智広さんをナビゲーターに迎えて「タイのお粥 ジョーク」を作ります。米の形が崩れるほどトロトロに煮込んだお粥で、タイの屋台で食べられている定番の朝ごはん。世界各地の家庭の台所を訪れ、一緒に料理をしてきた岡根谷実里さんのレシピです。

料理の音は「しあわせの音」。世界の台所を探検する気分で、いつもとちょっと違う朝ごはんをお楽しみください。


材料(2人分)

  • ごはん…茶碗1膳分
  • 鶏がらスープの素…大さじ1/2
  • 肉団子
  • 豚ひき肉…100g
  • ナンプラー…大さじ1/2
  • ホワイトペッパー…少々
  • トッピング
  • 生姜…1片
  • 細ねぎ…2本
  • 卵…2個
  • 卓上調味料
  • ホワイトペッパー・醤油・酢など(お好みで)

作り方

1. ごはんをザルに入れ、水で軽く洗って粘り気を取る。水400mLと一緒にミキサーにかけ、ごはんの粒が少し残る程度につぶす。
  • フードプロセッサーを使う場合は、水100〜200mLくらいを入れて攪拌し、鍋に移してから残りの水を加えて一緒に煮込んでください。
  • ハンドブレンダーを使う場合は、ごはんと水400mLを鍋に入れ、火にかける前にブレンドしましょう。
  • 道具を使わず、じっくり煮込んでもOK!
2. 1を鍋に移し、鶏がらスープの素を加えて8分ほど煮込む。
  • 最初は中火で、沸いたら弱火〜中火で吹きこぼれないように注意しながら煮込みます。焦げ付かないように時々かき混ぜてください。
3. トッピングの生姜は千切りに、細ねぎは小口切りにする。
4. 卵は温泉卵にする。一つずつ湯呑みに割り、かぶるくらいの水(大さじ2程度)を入れたら、つまようじで黄身を刺して穴を開け、ラップをかけずに電子レンジ(600W)で40秒加熱。足りなければ10秒ずつ追加で加熱する。
5. 肉団子の材料はすべてボウルに入れて練る。手で丸めて3のお粥の鍋に直接落としていく。
  • 形はきれいじゃなくても大丈夫です!
6. 3分ほど煮込み、肉団子に火が通ったら器に盛りつける。トッピングをのせて完成。食べるときは、ホワイトペッパー、醤油、酢などをお好みでかけて。

おいしいポイント

  • 本来は生米から作りますが、炊いたごはんとミキサーを使えば、調理時間を短縮して手軽に作ることができます。
  • ホワイトペッパーは、独特の香りが東南アジアの屋台を感じさせてくれますが、なければブラックペッパーやお好みの調味料でOK!

岡根谷実里さんの現地エピソード

タイは屋台朝食文化の国。ジョークも煮込みにとても時間がかかるので、基本的には屋台で食べるものです。今回は炊いたごはんを使っておうちで気軽に楽しめるようにアレンジしています。タイをはじめ東南アジアの屋台には、各種卓上調味料が並んでいて、各自が好みの味付けにすることで料理が完成します。ジョークも味付けは控えめなので、ホワイトペッパーや醤油、ナンプラー、酢などお好みでかけて召し上がってください。

お粥はアジアの定番朝食。日本のお粥は薄味で風邪を引いた時などに食べるイメージがありますが、国によって具が入っていたり、肉や魚のだし(スープ)がきいていて、雑炊に近いイメージのものも多いです。タイでも涼しい季節によく食べるジョークは、食べると体が温まりますよ!


山口智広さんからのメッセージ

山口智広さんからのメッセージ

フォロー&RTで山口智広さんのサイン色紙を3名様にプレゼント!

山口智広さんサイン色紙

応募方法

  • アイスム編集部のTwitterアカウント(@ism_desk)をフォロー
  • #ボイレピ朝ごはん」のハッシュタグがついたアイスム編集部のツイートをリツイート
  • 同ツイートにリプライ、または引用リツイートでレシピの感想を投稿

応募期間

2021年12月11日(土)23:59まで

当選者の方にはアイスム編集部よりダイレクトメッセージでご連絡させていただきます。

山口智広

ナビゲーター:山口智広

12月26日生まれ。B-Box所属。ウルトラマンの主題歌などを歌う音楽ユニット「voyager」として2009年~2013年活動。
声優としての代表作は、『あんさんぶるスターズ!!〈Basic/Music〉』(椎名ニキ)、『DREAM!ing』(柴咲真也)、『CHEATING CRAFT』(諸葛睦明)、『EDENS ZERO』(マイケル)。その他、イベントMCや舞台出演、アーティスト活動も行っている。
お気に入りの調理家電は「一人暮らしを始めた時に実家から持ってきたオーブンレンジ」。

岡根谷実里

世界の台所探検家。長野県生まれ。クックパッド株式会社に勤務の後、独立。世界の台所を訪れて一緒に料理をし、料理を通して見える暮らしや社会の様子を発信している。執筆やワークショップの他に、全国の小中高校への出張授業も精力的に行っている。訪問国/地域は60以上。

この記事をシェアする

脚本・演出:飯村聖美
レシピ監修:岡根谷実里
イラスト:染町

がんばる日も、がんばらない日も、あなたらしく。

がんばったことやがんばらないと決めたこと、
ハッシュタグをつけてアイスム編集部に教えてください!

#アイスムがんばる日

投稿する

#アイスムがんばらない日

投稿する