くるくる肉巻き焼きおにぎり

コウケンテツの「つくってみよう!休日かぞくごはん」#6

2020.09.14

こどもたちが自分で作ることのできる、「休日かぞくごはん」をコウケンテツさんに教えてもらうシリーズ。第六回は、秋のはじまりにぴったりの「くるくる肉巻き焼きおにぎり」です。おにぎりを豪快に肉で巻いて、おうちでアウトドア気分を楽しんでみてはいかがでしょう!

包丁包丁や火icon-fire.pngを使うところはマークでしめしているので、おうちの人が見守ってあげてくださいね。

最後のコウさんからのメッセージも、一緒にお楽しみください!

レシピをダウンロード(PDF)

こどものためにデザインしたレシピをこちらからダウンロードしていただけます!

くるくる肉巻き焼きおにぎり


材料(2人分)

img_kazokugohan_006-01.jpg

  • あたたかいごはん…360g
  • 牛うす切り肉(すき焼き用)…4枚
  • スライスチーズ…2枚
  • サンチュ…4枚
  • サラダ油…小さじ1
  • 小麦粉、白いりごま…適量
  • たれ(混ぜあわせておく)
  • しょうゆ…大さじ1
  • みりん…大さじ1
  • 酒…大さじ1
  • 片栗粉…小さじ1/4

作り方

1. 手で半分にちぎったチーズを、さらに折りたたんで、小さな四角形に分けます。
img_kazokugohan_006-02.jpg
2. 4つに分けたごはんをラップにのせて、まんなかに1のチーズをのせ、ごはんでつつみます。
img_kazokugohan_006-03.jpg
3. ラップの口をギュッとねじって、丸くととのえます。同じものを4つ作ります。
img_kazokugohan_006-04.jpg
4. まな板に牛肉1枚を広げて3のおにぎりを1つのせ、くるくると全体に巻きつけます。
img_kazokugohan_006-05.jpg
5. 4つぜんぶに牛肉を巻いたら、小麦粉を茶こしに入れて、全体にふります。
img_kazokugohan_006-06.jpg
6. 火フライパンにサラダ油を入れて中火であたため、5を、肉の巻きおわりのところが下にくるようにしてならべ、ころがしながら全体をこんがりとやきます。
img_kazokugohan_006-07.jpg
7. 火肉の色が変わったら火を止めて少し冷まし、混ぜあわせた「たれ」をまわし入れ、おにぎりをころがしながら、全体にからめます。
img_kazokugohan_006-08.jpg
8. おさらにサンチュをしいて、おにぎりをのせ、ごまをふります。
img_kazokugohan_006-09.jpg

レシピのポイント

  • ちいさいおともだちは、おにぎりと、味つけしたお肉をべつに焼いて、食べてもいいよ!
  • 火をつかうところは、おうちのひとにみてもらおう!

コウケンテツさんからのメッセージ

img_kazokugohan_006-10.jpg

おうち大好き!の我が家ですが、たまに中庭にコンロを持ち出して、アウトドア気分を味わっています。

IKEAやフライングタイガーで買ったワンタッチテントにクッションを入れると、それだけで「特別感」が出てこどもたちのテンションも上がる!!

そんな時のごはんはやっぱりお肉!
ここぞとばかりに煙が出るコンロを使って焼きます。

料理はシンプルなものでも、外で食べるごはんはやっぱり子どもたちも喜んで、たくさん食べてくれます!

コウケンテツ

料理研究家/大阪府出身。旬の素材を生かした簡単でヘルシーなメニューを提案し、テレビや雑誌、講演会など多方面で活躍。プライベートでは3児の父親として日々子育てに奮闘中。親子の食育、男性の家事・育児参加、食を通してのコミュニケーションを広げる活動に力を入れている。著書は、『今日なに食べたい?』(新潮社)、『おやつめし』(クレヨンハウス)、『弁当』(講談社)『コウケンテツのおやこ食堂』(白泉社)など多数。

この記事をシェアする

撮影:キッチンミノル
レシピデザイン(PDF):山辺りさき