カニカマあんかけたまご丼

コウケンテツの「つくってみよう!休日かぞくごはん」#12

2021.06.09

こどもたちが自分で作ることのできる、「休日かぞくごはん」をコウケンテツさんに教えてもらうシリーズ。第12回は、お手軽なカニカマを使った「カニカマあんかけたまご丼」です!彩りも良く、さっと使えて便利なカニカマ。手で割くことができるので、こどもたちにも扱いやすいです。

包丁包丁や火火を使うところはマークでしめしているので、おうちの人が見守ってあげてくださいね。

レシピをダウンロード(PDF)

こどものためにデザインしたレシピをこちらからダウンロードしていただけます!

カニカマあんかけたまご丼


材料(2人分)

img_kazokugohan_012-01.jpg

  • カニカマ…4本
  • たまご…4個
  • ニラ…2~3本
  • 塩…少々
  • サラダ油…大さじ1
  • A
  • だし汁…1カップ
  • しょうゆ…大さじ1と1/2
  • みりん…大さじ1と1/2
  • さとう…小さじ1/2
  • 片栗粉…大さじ1/2
  • ごはん…適宜

作り方

1. 包丁ニラは1~2cmくらいに切ります。
img_kazokugohan_012-02.jpg
2. カニカマは食べやすく手でさきます。
img_kazokugohan_012-03.jpg
3. 鍋にだし汁、しょうゆ、みりん、片栗粉を入れてしっかりと混ぜて片栗粉を溶かします。
img_kazokugohan_012-04.jpg
4. 火3を中火にかけてゴムベラで混ぜながら、とろみがつくまで煮詰めます。
img_kazokugohan_012-05.jpg
5. ボウルに卵を割り入れて菜箸でしっかり混ぜてほぐし、1のニラ、2のカニカマ、塩を加えてさらによく混ぜます。
img_kazokugohan_012-06.jpg
6. 火フライパンにサラダ油を熱し、5の半分の量を流し入れてゴムベラなどでぐるぐると大きく混ぜます。
img_kazokugohan_012-07.jpg
7. 火ふたをして弱火にして2分ほど蒸し焼きにします。
img_kazokugohan_012-08.jpg
8. どんぶりにごはんを盛りつけて7  をのせて、その上から4 のあんをかけます。もう一つも同じように作ってできあがりです。
img_kazokugohan_012-09.jpg

レシピのポイント

  • フライパンに卵液を流し入れてからぐるぐると混ぜると、ふんわりとした仕上がりになるよ!
  • 片栗粉は火をつける前にあらかじめ混ぜておくと、”あん“がだまにならず、なめらかになります!

コウケンテツさんからのメッセージ

img_kazokugohan_012-10.jpg

カニカマ、便利ですよね!さっと使えて彩りにもなる!手でさくことができるので、こどもたちにも扱いやすい食材です。

我が家では、子どもたちはそのまま食べることも多いのですが、ちょっと手を加えて、さっと焼いたりごはんやサラダに混ぜたりしてもおいしいですよ!

また、天ぷらやフライをするときに一緒に揚げるのもおすすめ!

コウケンテツ

料理研究家/大阪府出身。旬の素材を生かした手軽でおいしい家庭料理を提案し、テレビや雑誌、講演会など多方面で活躍中。30か国以上の国を旅して世界の家庭料理を学ぶ。3児の父親としての経験をもとに、親子の食育、男性の家事・育児参加、食を通してのコミュニケーションを広げる活動にも力を入れている。
近著は『本当はごはんを作るのが好きなのに、しんどくなった人たちへ』(ぴあ)、『アジアの台所に立つとすべてがゆるされる気がした』(新泉社)。

この記事をシェアする

撮影:キッチンミノル
レシピデザイン(PDF):山辺りさき