お酒好きとノンアル派、両方におすすめ!大人よろこぶ簡単おつまみレシピ

枡田絵理奈の「聴くコラム」 #25

2022.06.29

img_masudacolumn_title2.jpg

元TBSアナウンサーで、現在は広島在住のフリーアナウンサー枡田絵理奈さんによる「聴くコラム」。毎回「食」や「暮らし」にまつわる様々なお話をしながら、枡田さんおすすめの「おうちごはん」を一品紹介してもらいます。

第25回は、「おうち飲み」について。お酒はあまり強くないという枡田さんですが、今回はおすすめのおつまみなどをご紹介しつつ、おうち飲みのスタイルや楽しみ方をお話しします。また、おうちで簡単に作れるレシピでは、「おうちおつまみ」の作り方をご紹介します。簡単でおいしい!レシピとともに、コラムをお楽しみください。


音声を再生してお楽しみください。
Spotifyでもお聴きいただけます!


わが子のイヤイヤ期。頼りになるのは経験者のアドバイス

季節は春が終わり、そろそろ夏を迎える頃ですね。みなさん、夏支度はもう済んでいますか。そんな中…またわが家の近況を話してもいいですか。「娘が風呂に入らない」、続編です(笑)。

三人兄弟の末っ子の娘がお風呂に入ってくれないという話を、前回の聴くコラムでしたんですけれど。あの時はお気に入りの洋服をどうしても脱ぎたくなくって、お風呂に入らない、という時期だったんですね。その後はお風呂も好きになって、入るようになってくれたんですけども、風呂嫌いの時期がまたやってきてしまったんです。

多分これは、イヤイヤ期なのかな?お風呂に入る前はもう大騒ぎで、「いやあだー!お風呂入りたくなああああい!」という感じで。

毎日なんとか説得して、泣く娘をギリギリお風呂に連れて行ってシャワーを浴びさせているような日々なんですが、先日育児本を読んでいたら、「お風呂は無理やり入れてはいけません。お風呂入らなきゃダメだよーとか、汚いよというネガティブな言葉をかけてもいけません」と書いてありました。

「じゃあどうしたらいいんだろう?」

お風呂一緒に入ってくれないとママ寂しいなあ、寂しいから一緒に入って欲しいなあ、とお願いするといいです、と書かれていて……「これだ!」と、その日の夜に試したんですね。

「ねえねえ、ママ一人だと寂しいから一緒にお風呂入ってくれる?」
「やだ!」

…1秒で玉砕しました(笑)。

少し年上の子がいるお母さんに聞いたら「そんなんで入るわけないじゃない」って(笑)。お風呂の中に、今にも溶けそうなアイスを入れておいて「お風呂でアイス食べよう!」って言ってごらんって教えてもらって、試したんですね。

そうしたら3秒で服を脱いで、タタタターっとお風呂にいきました(笑)。正解は、「お風呂でアイス食べよう」だったんだなと思って。なんかね、育児書とかだとそういうこと書きにくいのだと思いますが、でもそういう育児書があってもいいんじゃないかなって思っちゃいました。本当に辛い時には、こうやって乗り切っちゃえ!というようなもの。

例えば、スイミングの日はお風呂入らなくてもOKとか(笑)。ごはん作ったのに食べてくれなかったらバナナでOKとか。そんなことを発信していっても、いいんじゃないかなって思ったりもしました。

今まで、子どもに論理的に物事を伝えて、解決していきたいと思ってがんばっていた所があったんですけども、アイスでこんなにハッピーにお風呂入ってくれて私も楽なんだったら、そういう子育てもたまにはいいなと感じました。

なんだか、全然違う話になっちゃいましたけども(笑)、わが家の子育て近況でした。

堂林家のおうち飲みスタイル

みなさん普段、おうち飲みはしますか?最近は外でお酒を飲む機会が減ってしまった方も多いかなと思うので、おうち飲みを楽しまれている方もいるのではないでしょうか。

子どもが寝た後に、夫とゆっくり晩酌をしているお友達の話とか、仕事終わりのお酒を飲んでいるところに、ササッとおつまみを出したりしているご夫婦の話を聞くと、いいなあと憧れるんですけども、実はわが家は夫婦そろって、お酒がめちゃくちゃ弱いんです。

おいしいですし味も好きなんですけど、二人で缶ビール一本が飲みきれないくらいに弱くて。なので、おうちでお酒を飲むということがなかなかなくて、本当にたまーに、シーズンオフとかで飲んだりするくらいなんです。

でもおうち飲みが大好きなお友達がいて、わが家にビールを持参して、自由におつまみを作っておうち飲みをするので、その子に教えてもらったおいしいおつまみなんかをご紹介できたらと思っています。

ちなみにわが家は、ノンアルコールのカクテルをいろいろ揃えています。中でもノンアルコールのスパークリングワインでとても好きなものがあって、「デュクドゥモンターニュ」という名前のものです。

これ、かなり本格的なお酒の味わいなんですけども、ノンアルコールなんですね。授乳中のお友達に出してもとても喜ばれますし、味は好きなんだけども、アルコールは弱くて飲めないという方がいたら、チェックしてみてください。

あと、私でも飲めたお酒が、「カリモーチョ」というスペインのカクテル。赤ワインとコーラを半々で割って作ったもので、これが飲みやすくてすっごくおいしいんです。私これだけは、10杯くらい飲めちゃうほど好きで。

実は、広島カープのマツダスタジアムで毎年開催している「選手のプロデュースメニュー」でこのカリモーチョを出すことになったので、もし行く方がいたらスタジアムで飲んでみてください。

パパッと手軽に作って、おうち居酒屋を楽しもう!

おつまみ海苔巻き

img_masudacolumn_025-01

材料
・パリッとした海苔
・ねぎトロ
・ごま
・納豆
・たくあん

最初のおすすめレシピは、子どもたちも大好きな「おつまみ海苔巻き」。ねぎトロとたっぷりのごまを混ぜて、同じように納豆と小さく刻んだたくあんとごまを混ぜます。それらを小鉢なんかに入れて、海苔を添えて、直接巻いて醤油をつけて食べる。とっても簡単に作ることができます。

韓国風サキイカおつまみ

img_masudacolumn_025-02

材料
・サキイカ
・コチュジャン
・ごま油
・ごま

サキイカにコチュジャン、ごま油、ごまを和えるだけ!

おつまみのサキイカって、そのまま食べてもおいしいんですけども、調味料を和えることでピリ辛の韓国風おつまみに変身します。

なんちゃってタルタルソース

img_masudacolumn_025-03

材料
・マヨネーズ
・らっきょう

これも、作り方はマヨネーズと細かく刻んだらっきょうを混ぜるだけです!

揚げ物メニューのとき、タルタルソースがあるといいなと思っても、ゆで卵から作るのって結構大変ですよね。そんなときにサッとできちゃいます。揚げ物はもちろん、野菜にディップしてもおいしいですよ。

手羽中のカンタン揚げ物

img_masudacolumn_025-04

材料
・手羽中
・塩こしょう
・油

作り方は、手羽中に塩こしょうを振って、それを素揚げするだけ!

揚げ物のおつまみというと、唐揚げ。とても喜ばれるんですけど、下味を付けたり、揉み込んだりと手間がかかりますよね。そこでおすすめなのが、この手羽中を使った揚げ物です。

衣をつけたり、味付けをして寝かせておく必要もなくて、すぐに揚げるだけなのですが、パリっとした食感で、塩味が効いていて最高のおつまみに仕上がります。

子どもたちも大好きですし、衣がヘニョっとなることもあまりないので、少し多めに作っておけば、翌日のお弁当に入れることもできます。

厚揚げや油揚げのレシピ

img_masudacolumn_025-05

材料
・厚揚げ
・生姜(チューブでも)
・醤油
・かつお節

・油揚げ
・ねぎ
・ポン酢

厚揚げは、ごま油でカリッカリになるまで炒めて、そこにチューブの生姜をかけて、お醤油をたらして、かつお節をかけて食べる。油揚げの方は、トースターで焼いて、ねぎとポン酢をパパッとかけて食べる。

ほかにもわが家では、油揚げにマヨネーズをブチューっとかけて、その上にキムチをどさっとのっけて、溶けるタイプのチーズを乗せて、トースターで15分くらい焼く、というメニューもよく作っています。

その時に、マヨネーズとチーズだけをのせた油揚げを作ってあげると、子どもたちは「ピザだー」と言ってよろこんでくれます。そこにコーンや枝豆を加えてもおいしいです。大人のおつまみと子どものおかずが一緒にできちゃいます。

締めのラーメン

img_masudacolumn_025-06

締めは、やっぱり「ラーメン」ですよね。

ラーメンは少しがんばっちゃって出汁も自分で作ります。これね、「スープも私が作ったんだ!」って言うと、かっこいいんですよね(笑)。

ただちょっと申し訳ないのですが、これはどちらかというと広島県民向けのラーメンで、ほかの地域にいらっしゃる方はなかなか手に入らない食材を使うんです。もし代用品が見つかったら、またご紹介しますね。

材料
・水…500mL
・ウェイパー…大さじ1
・白だしかき醤油(なければ醤油でも)…大さじ1/2
・ガーリックパウダー(なければニンニクチューブ)…5〜10振り
・コウネ(ブリスケ)
・中華麺

まず、材料のすべてを鍋にかけてグツグツと煮込みます。そこに、広島のスーパーなどでしかなかなか手に入らないのですが、「コウネ」という焼肉の部位を加えて一緒に煮ます。

ウェイパーの旨みとコウネの出汁が溶けて、最高のラーメンのスープができるんです。そこに、パッと茹でるだけの麺を茹でて、入れたら完成。

これを一人用鍋とかで作ってサッと出すと、すっごく喜ばれます。広島の方にはぜひ試してみていただきたいです!

広島以外でも、もしかしたら通販などで買えるかもしれませんし、例えばお肉専門店とかでしたら、コウネがなくてもそれに近い味の部位を教えてもらえるかもしれませんので、機会があったらぜひ試してみてくださいね。

さいごに

今日はいろいろとおつまみをご紹介しましたけど、こうやって話しているとちょっとお酒も飲みたくなってしまいますよね。

仕事や子育てをがんばって、自分にごほうびをあげたいな、という時、ちょっとのお酒とおいしいおつまみで楽しめたらいいなあと、改めて感じました。

そして、今回はなんと、編集部の方から質問をいただいています!

これからどんどん暑くなっていくにつれて、そうめんを食べる機会が増えていきそうなのですが、枡田さんおすすめのそうめんの食べ方などあれば教えてください。

わが家はですね、そうめんもうどんも、ラーメンも焼きそばも、本当は具なしが一番好きです(笑)。そこに、大葉とか、ミョウガとか、梅干し、ねぎ、ごまなんかの薬味を添えて食べるのが一番なんですけども。

お友達に教えてもらってから、すごくハマっている食べ方にそうめんで油そばを作る、というのがありまして。通常だと、甘辛のひき肉を炒めて、麺つゆとオイスターソース、お酢と豆板醤、ごま油を麺に絡めて、ねぎと卵黄をかけて食べるらしいのですが、それだとすごくおいしいんですけども、少し手間がかかるんですよね。

なので、わが家ではそぼろを作って余ったときに、麺に「食べるラー油」を混ぜて、その上に、その余ったそぼろをのせるんです。すると、なんちゃって油そばのできあがり。食が進んでとってもおいしいので、ぜひ作ってみてください。

ちなみに、余ったそうめんの活用法で、そうめんを広げてフライパンで焼いて、そこにチーズや具を乗せるとピザ風になっていいよ、と教えてもらって試してみたんですが…、なんか、グニャグニャするんですよね。

カリッとなるらしいんですけども……誰か試してみて教えてください(笑)。

これは何の情報でもなく、逆にアドバイスくださいという話です(笑)。どうやら、そうめんはピザになるらしいです。でもわが家では、まだ成功していないという、現段階の報告でした…!また上手にできたら、報告します。


リクエストや質問にはなるべくお応えしたいと思いますので、みなさんもぜひ気軽に「感想・リクエストフォーム」からメッセージを送ってみてください。お待ちしています!

それではまた次回お会いしましょう、枡田絵理奈でした!

<編集部より>
枡田絵理奈の「聴くコラム」が音声プラットフォーム「Voicy」でもお聴きいただけるようになりました!Voicy限定放送も随時公開いたしますので、ぜひフォローをお願いします!!
https://voicy.jp/channel/2864

枡田絵理奈

1985年12月25日生まれ。神奈川県出身。2008年にTBSテレビに入社し、『チューボーですよ!』『ひるおび』などの番組で活躍。2014年に広島東洋カープの堂林翔太選手と結婚し、TBSテレビを退社。現在は広島で3人の子供の育児をしながらフリーアナウンサーとして活動。「アスリートフードマイスター3級」「食育実践プランナー」の資格を持つ。

この記事をシェアする

文・音声編集:佐々木久枝
カバー写真:前康輔

がんばる日も、がんばらない日も、あなたらしく。

がんばったことやがんばらないと決めたこと、
ハッシュタグをつけてアイスム編集部に教えてください!

#アイスムがんばる日

投稿する

#アイスムがんばらない日

投稿する