塩もみ白菜で「白菜と鶏肉のクリーム煮」と「香味白菜豚しゃぶ」

おうち居酒屋ツレヅレハナコ #6

2021.03.22

一つの食材から「子ども用お品書き」と「大人用お品書き」の二品をツレヅレハナコさんに作ってもらう、「おうち居酒屋ツレヅレハナコ」。今回のおすすめ食材は、「塩もみ白菜」です。白菜を切って塩もみして、冷蔵庫に入れておくだけ!冷蔵庫にあるだけで料理のハードルがぐんと下がる、うれしい一品です。

ツレヅレ店長より、今月のおすすめ

img_ouchiizakaya_006-title.jpg

我が家の冷蔵庫にはいつも、野菜を切って塩もみしたものが入っています。

キャベツ、にんじん、白菜、大根……、そのときある野菜で作りますが、これが本当に便利!

というのも、料理をするとき特に面倒なのが「野菜を切ること」。これがすでに終わっているものが冷蔵庫にあるだけで、料理のハードルはぐっと下がるのです。

塩もみしておくことで水分が抜け、かさが減るため、野菜をたっぷり食べられるのもうれしいポイント。3日目以降は徐々に熟成して、味もおいしくなりますよ。

必要な材料は野菜と塩だけ!ザクザク切って塩をまぶして冷蔵庫へ入れればOK。

今回は白菜の塩もみの作り方と応用レシピをご紹介していますが、ただ水けを絞って、かつおぶしやごまをかけただけでも副菜のできあがり。私はよく、納豆などとごはんの上にのせてモリモリ食べています。

冷蔵庫の中の手作りお助けアイテム。ぜひいろいろな野菜でお試しくださいね!キャベツやかぶもオススメです!

基本の「白菜の塩もみ」


材料(作りやすい量)

img_ouchiizakaya_006-01.jpg

  • 白菜…1/4個(約750g)
  • 塩…大さじ1

作り方

1. 白菜は芯を切り落とし、繊維を断つように1㎝幅に切る。
img_ouchiizakaya_006-02.jpg
2. 密閉袋に入れて全体に塩をまぶし、空気を抜くように封をして1時間以上置く。水けを軽く絞って使用する。冷蔵庫で約1週間保存可。
img_ouchiizakaya_006-03.jpg

子ども用お品書き「白菜と鶏肉のクリーム煮」


材料(2人分)

  • 「白菜の塩もみ」…1/4量
  • 鶏もも肉…1枚
  • 玉ねぎ…1/2個
  • 牛乳…1カップ
  • 小麦粉…大さじ1
  • 塩、こしょう…各少々
  • オリーブオイル…大さじ1
  • バター…10g
  • パセリのみじん切り…適宜

作り方

1. 鶏肉はひと口大に切る。玉ねぎは薄切りにする。
2. フライパンにオリーブオイルを熱し、鶏肉を皮目から入れて両面に焼き目をつけていったん取り出す。同じフライパンにバターを溶かし、玉ねぎを入れてしんなりするまで炒める。小麦粉を振り入れ、1分ほど炒めたら牛乳を数回に分けて加え、とろみをつける。
img_ouchiizakaya_006-04.jpg
3. 水けを軽く絞った白菜、鶏肉を加え、5分ほど煮て塩、こしょうで味をととのえる。器に盛り、パセリを振る。
img_ouchiizakaya_006-05.jpg

大人用お品書き「香味白菜豚しゃぶ」


材料(2人分)

  • 「白菜の塩もみ」…1/4量
  • 豚しゃぶしゃぶ肉…200g
  • みょうが…1個
  • かいわれ大根…1/2パック
  • 〈A〉
  • しょうゆ…大さじ1
  • レモン汁…1/2個分
  • ごま油…小さじ1

  • いりごま…大さじ1

作り方

1. 鍋に湯を沸かし、豚肉を一度に入れて火を止める。余熱で色が変わるまで熱し、ざるにあげて粗熱をとる。みょうがは半分に切り、薄切りにする。かいわれ大根は根を切り、半分の長さに切る。〈A〉の材料をボウルに混ぜる。
2. 水けを軽く絞った白菜、豚肉、みょうが、かいわれ大根を加えて混ぜ、器に盛っていりごまをふる。
img_ouchiizakaya_006-06.jpg

レシピのポイント

クリーム煮はベーコンやソーセージで作ってもおいしくできます。粉チーズを加えるとコクが一段とアップ!カレー粉でアクセントをつけるのもオススメです。ごはんにかけても最高!

香味白菜豚しゃぶの最大のポイントは、豚肉に余熱で火を通すこと。格段にしっとり仕上がります。また、脂が固まるので絶対に水にはとらないこと!ごま油をオリーブオイルに代えると洋風に仕上がります。

白菜をモリモリ食べられるこの2品、ぜひ作ってみてくださいね。キリッと冷えたレモンサワーと一緒にどうぞ!

img_ouchiizakaya_006-07.jpg

ツレヅレハナコ

食と酒と旅を愛するフリー編集者。著書に『女ひとりの夜つまみ』(幻冬舎)、『ツレヅレハナコのじぶん弁当』『ツレヅレハナコのホムパにおいでよ!』(ともに小学館)、『ツレヅレハナコの薬味づくしおつまみ帖』(PHP研究所)、『食いしん坊な台所』(河出文庫)、『ツレヅレハナコの南の島へ呑みに行こうよ!』(光文社)がある。

この記事をシェアする

撮影:キッチンミノル
ロゴ・イラスト:おいしいデザインGOCCHI 後藤恵理子

がんばる日も、がんばらない日も、あなたらしく。

がんばったことやがんばらないと決めたこと、
ハッシュタグをつけてアイスム編集部に教えてください!

#アイスムがんばる日

投稿する

#アイスムがんばらない日

投稿する