豆苗とベーコンの卵チャーハン

コウケンテツの「つくってみよう!休日かぞくごはん」#7

2020.10.28

こどもたちが自分で作ることのできる、「休日かぞくごはん」をコウケンテツさんに教えてもらうシリーズ。第七回は、豆苗とベーコンの卵チャーハンです。コウさんがおうちでもチャーハンをおいしく作るコツを教えてくれました!

icon-fire.pngを使うところはマークでしめしているので、おうちの人が見守ってあげてくださいね。

最後のコウさんからのメッセージも、一緒にお楽しみください!

レシピをダウンロード(PDF)

こどものためにデザインしたレシピをこちらからダウンロードしていただけます!

豆苗とベーコンの卵チャーハン


材料(2人分)

img_kazokugohan_007-01.jpg

  • ベーコン…2~3枚
  • 豆苗(とうみょう)…1パック
  • たまご…2こ
  • あたたかいごはん…300グラム
  • サラダ油…大さじ1
  • しょうゆ…小さじ1
  • 塩…ひとつまみ

作り方

1. ベーコンはキッチンばさみで2~3cmに切ります。
img_kazokugohan_007-02.jpg
2. 豆苗もキッチンばさみで根元を切ります。長ければさらに半分に切ります。
img_kazokugohan_007-03.jpg
3. ボウルにたまごをわって入れ、フォークでしっかりとまぜてほぐします。
img_kazokugohan_007-04.jpg
4. 3に塩とごはんを加え、全体をよくまぜあわせます。
img_kazokugohan_007-05.jpg
5. icon-fire.pngフライパンにサラダ油大さじ1/2をいれて中火にかけ、ベーコン、豆苗を入れ木べらでいためます。

img_kazokugohan_007-06.jpg

  • サラダ油をごま油に変えるとより香ばしさがアップ!
6. icon-fire.pngしんなりしたら5をフライパンのはしによせて、あいたところにサラダ油大さじ1/2を足して4をいれ、木ベラやゴムベラを両手にもって、ごはんをほぐすようにいためます。
img_kazokugohan_007-07.jpg
7. icon-fire.pngごはんがほぐれたら、はしによせた5もいっしょに、パラパラになるまでまぜあわせます。しょうゆをまわし入れて、塩をふり、全体をまぜて火をとめます。
img_kazokugohan_007-08.jpg
8. おわんに7をいれ、お皿をかぶせ、ひっくり返して盛りつけます。
img_kazokugohan_007-09.jpg
img_kazokugohan_007-10.jpg
img_kazokugohan_007-11.jpg

レシピのポイント

  • 包丁は使わず、キッチンばさみだけでできるよ!
  • 木ベラやゴムベラを両手にもっていためることで、フライパンをふらなくてもおいしいチャーハンが作れるよ!

コウケンテツさんからのメッセージ

img_kazokugohan_007-12.jpg

昔、鉄板屋さんで食べたチャーハンがとてもおいしくて作り方を見ていたら、両手にヘラを持って炒めていたんです。

このやり方ならおうちでもおいしいチャーハンができるかもしれない…!とその時に思い、それ以来僕もずっとこのやり方でチャーハンを作っています。

これならフライパンを振り続ける必要もないし、こどもたちでもおいしく作ることができますよ!

炒める時は根気よく、がポイントです!みんな二刀流でおいしいチャーハンを作ってみよう!

コウケンテツ

料理研究家/大阪府出身。旬の素材を生かした手軽でおいしい家庭料理を提案し、テレビや雑誌、講演会など多方面で活躍中。30か国以上の国を旅して世界の家庭料理を学ぶ。3児の父親としての経験をもとに、親子の食育、男性の家事・育児参加、食を通してのコミュニケーションを広げる活動にも力を入れている。
近著は『本当はごはんを作るのが好きなのに、しんどくなった人たちへ』(ぴあ)、『アジアの台所に立つとすべてがゆるされる気がした』(新泉社)。

この記事をシェアする

撮影:キッチンミノル
レシピデザイン(PDF):山辺りさき

がんばる日も、がんばらない日も、あなたらしく。

がんばったことやがんばらないと決めたこと、
ハッシュタグをつけてアイスム編集部に教えてください!

#アイスムがんばる日

投稿する

#アイスムがんばらない日

投稿する