保存食として常備したい、栄養バランス満点な「野菜たっぷりそぼろ」

枡田絵理奈の「聴くコラム」 #11

2021.04.19

img_masudacolumn_title2.jpg

元TBSアナウンサーで、現在は広島在住のフリーアナウンサー枡田絵理奈さんによる「聴くコラム」。毎回「食」にまつわる様々なお話をしながら、枡田さんおすすめの「おうちごはん」を一品紹介してもらいます。

第十一回のテーマは、「わが家のお弁当」について。そしておうちごはんレシピは、たくさんの具を入れた「野菜たっぷりそぼろ」です。簡単でおいしい!レシピとともに、ぜひコラムをお楽しみください。


音声を再生してお楽しみください。
Spotifyでもお聴きいただけます!


新生活スタート!ぽかぽかの春到来

アイスムをご覧のみなさんこんにちは!枡田絵理奈です。

季節はすっかり春ですね。みなさんはどんな所に春の訪れを感じますか?

わが家では、この春から真ん中の娘が幼稚園に行きはじめました!娘はお兄ちゃんと一緒に幼稚園に行くことをずっと楽しみにしていたんですが、お揃いの制服を着て幼稚園に行く背中を見ていると、大きくなったなぁとうれしい気持ちの反面、なんだかちょっと寂しいような気もしています。

春といえば、新生活をスタートされる方も多いと思います。自分やお子さまのために「お弁当を作りはじめる」という方もいらっしゃるのはないでしょうか。そんな今回は、わが家のお弁当についてお話ししたいと思います。

コラムの最後では、お家で作れる「野菜たっぷりそぼろ」の作り方もご紹介します。最後までゆったりと聴いてくださいね。

お弁当作り本当は苦手。一度試したキャラ弁がネットで取り上げられて……

お弁当というと、それぞれのご家庭の個性がでますよね。わが家では週1回だけ、子どもたちにお弁当を作っています。たった週1回だけなんですが、正直そんなに頑張れていません!(笑)。

毎日お弁当を作っている親御さんや、彩りよく、可愛いキャラクターのお弁当を作っている方もたくさんいる中で、わたしのお弁当の話なんかしていいのかな?っていう感じですが……。お弁当作りね、苦手なんですよね(笑)。

幼稚園児ぐらいだとお弁当箱もまだ小さくて、この箱の中にどうやって何を詰めればいいんだろうっていう感じなので、半分にはごはんを入れて、残り半分にひじきとかきんぴらの常備菜とか。あとは唐揚げ、ソーセージ、ハンバーグ、卵焼きなんかをちょこっと入れています。

ほかには、お弁当のおかずで好きなものはポークビッツ。これは冷蔵庫にいつも置いています。ポークビッツは1分で火が通るので、急いでる朝にもありがたいですし、かわいいピックに刺したら、見た目もとってもかわいいですよね。

ちなみにこれはお弁当じゃなくても、ナポリタンのスパゲティやオムライスのときにもパパッと入れて使っています。味も濃いめで、いいアクセントになるんですよね。

お弁当の彩りにはブロッコリーか枝豆か、赤のトマト。本当にいつもこんな感じで、あまり変化のないお弁当なんです。

でもたまに息子が、「鬼滅の刃のお弁当を作ってよー!」とかお願いしてくることがあるので、そういうときは、一生懸命、のりをチョキチョキと切ってデコ弁(キャラ弁)に挑戦してみたりもするんですが……。

一度その写真をInstagramに載せたんですよ。そうしたらYahoo!ニュースに載ってしまいまして。コメント欄をちょっとだけのぞいてみたら、「クオリティの低さに笑った」とかって書いてあって(笑)。そりゃあそうだよねと思ったりしました(笑)。

ですので、逆にみなさんに「こういうお弁当だったら、すごい簡単だけど華やかに見えるよー!」というアイデアを教えていただけたらうれしいです!

家族みんなで作るスペシャルな日のお弁当!

そんなわたしですが、運動会やお花見のお弁当は、かなり気合を入れて作ります!どこに何を入れるかという設計図なんかも書いたりして。お気に入りのお重は、白い3段重のDEAN & DELUCAカフェのもの。すごくかわいくて気に入っています。

そこにいろいろなおかずを入れるんですが、まずは子どもが好きなミートボール。あとは家族みんなチキチキボーンが好きなので、「チキチキボーン風」を自分で作ったり、野菜の肉巻きを作ったり。

ひとりで時間が足りないときには、主人も手伝ってくれたりします。主人はとっても几帳面なので、ミートボールとかを丸めるのが天才的に上手いんです(笑)。大きさも形も均等のものを作り続けてくれるので、すごく助かります。

さらに時間が足りなくなると、両親が手伝ってくれます。運動会の時期には、わたしの両親が広島に来てくれるので、そのときは父にも手伝ってもらいました(笑)。

手先の器用な父が野菜用のカッターでにんじんを花びらの形に切ってくれたり、母が稲荷寿司にごはんを詰めてくれたりと、家族みんなで台所に立ってお弁当箱に詰めていく。この時間は、私にとってすごく豊かで楽しい時間なんです。

家族みんなで作ったお弁当を一緒に囲むことは、ただおいしいお弁当を食べるというだけじゃない、特別な思い出となって、家族みんなの心に残っていくんじゃないかなと感じています。子どもたちが大きくなったときに、このシーンを思い出してくれるといいなと思っています。

みなさんのお弁当の好きなおかずやおすすめのメニューなども、ぜひ教えていただけるとうれしいです。今日ご紹介したメニューなども、よかったらお弁当作りの参考にしてくださいね。

保存食としてもおすすめ!栄養バランス満点な「野菜たっぷりそぼろ」

「聴くコラム」で毎回ご紹介している、わが家のおうちごはん。今回ご紹介するのは、とってもとっても簡単で具だくさんな「野菜そぼろ」です。

野菜はあんまり好きじゃないなぁという子どもでも、すき焼きのたれの甘辛の味で食が進むのか、普通のそぼろごはんと同じような感覚でパクパクっと食べてくれます!ごはんの上にかけてもいいですし、もちろんお弁当にも使うことができます。


材料

  • 豚ひき肉(どんなひき肉でもOK)
  • 野菜(ピーマン、にんじん、ズッキーニなど)
  • きのこ類(えのき、エリンギ、舞茸など)
  • すき焼きのたれ

作り方

1. 全ての具材を、豚ひき肉と同じくらい細かく刻む。
img_masudacolumn_011-01.jpg
2. 豚ひき肉、野菜、きのこを炒める。
img_masudacolumn_011-02.jpg
3. すき焼きのたれを入れて味付けする。
img_masudacolumn_011-03.jpg
4. .…以上でございます!(笑)
img_masudacolumn_011-04.jpg

わたしはこのメニューを焼きそばやチャーハンの具材にも使っています。
冷蔵庫で数日間保存ができるので、いつも作り置きをしていますね。

「今日はごはん作る気力がないよ〜」というときに、ごはんの上にこのそぼろをパッと乗せるだけで、炭水化物と、お肉のタンパク質、野菜のさまざまな栄養を摂ることができます。とっても手軽で、罪悪感も減るというおすすめメニューです!ぜひお試しください。

さいごに

今回は、わが家のお弁当についてお話ししました。みなさんお楽しみいただけましたでしょうか?お弁当はこれからも少しずつ修行をして、また新しいアイデアなどを見つけたらここでご紹介できたらいいなと思っています。

コメントをいろいろと頂いているので、ご紹介します。

「聴くコラム、毎回たのしみにしています。いつもすごく参考になるお料理の情報を教えてくださり、ありがとうございます!そのほかエピソードなどもとてもほっこりさせてもらっています。マスパンにぜひ教えていただきたいことがあるのですが、小さいお子さまが3人いらして、朝はとてもお忙しいと思いますが、朝食はどんなものを召し上がっていますか?」

余裕があるときは、和食の定食みたいなものを作ったりもするんですが、明日の朝はバタバタしそうだな〜というときに、よく作るのはオムライスです。わが家の子どもたちは、「週5日オムライスでいいよ!」というぐらいにオムライスが大好きなんですよね。

ケチャップライスの中には、カット済みで冷凍された野菜などをたっぷり入れて、お肉はベーコンや前日の夜ごはんで残った唐揚げなんかを細かく刻んで入れたりしています。ケチャップライスは前の晩のうちに作っておいて、朝はそれをチンするだけ。そこに卵を焼いて乗っけるだけです。これだとすぐ出すことができて、一皿でいろんな栄養を摂ることができて、作る方も楽だしおすすめです。

朝からオムライスも食べられるよ!という人は、ぜひぜひ作ってみてください。
朝からいろんな料理が食卓にあると、子どもたちはその見た目だけでお腹いっぱいになったりするので、ワンプレートだったり一品の中にいろいろな栄養素が摂れるようなメニューにして、簡単に食べられる工夫を心がけています。

参考になりましたでしょうか?

コメントとてもうれしかったです!ありがとうございます。時短のレシピが知りたいという声も頂いております。これまでの聴くコラムの中でも、簡単に作ることができるおうちごはんレシピをいろいろとご紹介しているので、ぜひ見てみてくださいね。

みなさんからの感想やリクエスト、引き続きお待ちしています。ぜひお気軽に送ってください。それではまた次回お会いしましょう、枡田絵理奈でした!

枡田絵理奈

1985年12月25日生まれ。神奈川県出身。2008年にTBSテレビに入社し、『チューボーですよ!』『ひるおび』などの番組で活躍。2014年に広島東洋カープの堂林翔太選手と結婚し、TBSテレビを退社。現在は広島で3人の子供の育児をしながらフリーアナウンサーとして活動。「アスリートフードマイスター3級」「食育実践プランナー」の資格を持つ。

この記事をシェアする

文・音声編集:佐々木久枝
カバー写真:前康輔

がんばる日も、がんばらない日も、あなたらしく。

がんばったことやがんばらないと決めたこと、
ハッシュタグをつけてアイスム編集部に教えてください!

#アイスムがんばる日

投稿する

#アイスムがんばらない日

投稿する