肉団子と夏野菜の中華スープ(ゲスト:山口祐加さん)

耳で楽しむおいしいスープレシピ ~アウトドア特別編 2022(後編)~

2022.08.04

img_soupoutdoor_004-01

スープ作家 有賀薫さんの声でお届けする“聴くレシピ”。夏の特別編は、川のせせらぎや鳥のさえずりが耳に心地良いキャンプ場からお届けしています。テーマは「アウトドアで楽しめるスープ」。前編では、自炊料理家の山口祐加さんに「ピーマンとなすのチキンカレースープ」の作り方を教えていただきましたが、後編では有賀さんが「肉団子と夏野菜の中華スープ」を作ります!肉団子というと手間がかかりそうだと思われるかもしれませんが、ポリ袋を使うので手も汚れず簡単。キャンプ場へ行った気分で、楽しみながら作ってみてくださいね!

 

肉団子と夏野菜の中華スープ


材料(4人分)

img_soupoutdoor_004-02

  • 肉団子
  • 合いびき肉…300g
  • 塩…小さじ1/2
  • 長ねぎ(みじん切り)…1/3本分
  • おろししょうが…少々(チューブOK)
  • 水…100mL
  • トマト…1個
  • オクラ…3~4本
  • しいたけ…2〜3枚
  • 長ねぎ…1/2本
  • 春雨…50g
  • 中華スープの素…小さじ1
  • 塩…小さじ1/2
  • ごま油…少々
  • 醤油…少々
  • 水…1000mL

作り方

1. ひき肉と塩をポリ袋に入れてよくもみ込んでから、長ねぎのみじん切りとしょうが、水100mLを加えてさらにもみ込む。

img_soupoutdoor_004-03

  • 最初に塩を入れてもみ込むことで、肉にねばりが出ます。このようにもんでおくと、ほかの具材を加えた時にバラバラになりません。
  • 水を加えることによって、やわらかい肉団子ができます。
  • 肉だねを家で作り、ポリ袋の状態で持って行けば、あとは煮込むだけなので、さらに簡単です!(持って行く時はしっかりと保冷を!)
2. トマトは1/6個のくし切り、しいたけは千切り、長ねぎは斜め薄切り、オクラは二つに斜め切りする。

img_soupoutdoor_004-04

  • しいたけの軸は、味が出ておいしいので、一番下の固いところだけ切り落とし、縦半分くらいに切ります。(有賀さん)
    軸をみじん切りにして肉だねの方に入れてもいいかもしれないですね!(山口さん)
3. 大きな鍋に水1000mLを入れて沸かす。ここに肉団子をスプーンですくって落としていく。

img_soupoutdoor_004-05

  • ぐらぐら沸かすと肉団子が崩れてしまうので、沸いたら中火~中弱火くらいにしておきましょう。
  • スープは最初白濁していますが、火が通ると透明になっていきます。
4. アクをとったら、トマトとしいたけ、長ねぎ、塩小さじ1/2、中華スープの素小さじ1を加えて、6〜7分ほど煮込む。
img_soupoutdoor_004-06
5. 春雨とオクラを入れ、3分煮る。

img_soupoutdoor_004-07

  • 春雨は水で戻さずそのまま鍋に入れてOK。スープの中に全部浸るように入れましょう。
6. 醤油とごま油で味をととのえて、完成!

img_soupoutdoor_004-08

  • 醤油とごま油を入れるととても香りがよくなります。(有賀さん)
    大人はごま油をラー油に変えてもおいしそうですね!(山口さん)

お待ちかねの試食タイム!

img_soupoutdoor_004-09

有賀

どうぞ、お召し上がりください!

山口

トマトとオクラが入っているから、色もきれいです!う~ん、おいしい!肉団子がやわらかいですね!

有賀

そうですね、肉団子に水をたくさん入れているので、ふわっとしますよね。それにしても山口さん、ほんとおいしそうに食べるんですよね(笑)。

山口

ふふふ(笑)。だしがよく出ていますね。

有賀

野菜とお肉のだし、特に肉団子からよくだしが出るんです。

山口

トマトの酸味、しいたけの旨み、ねぎの香り、全部がこのスープに凝縮されています!お酢が合いそうだと思ったのですが、トマトが酸味の役割を果たしてくれるんですね。

有賀

はい、中華スープにはよく酢を入れますが、アウトドアに酢を持っていくのも大変なので、トマトの酸味が代わりになってくれます。スープがキュッと引き締まる感じになりますよ。トマトは、彩りも加えてくれるので、良いアクセントになっています。


アウトドアでのスープ作りで、心豊かなひと時を

img_soupoutdoor_004-10

有賀

今回、アウトドア企画第2弾(第1弾はこちら)なのですが、山口さんはアウトドア好きですか?

山口

大好きです!子どもの頃からキャンプによく行っていました。

有賀

私も小学生の頃からキャンプで料理をしていたので、基本的に外で料理するのが大好きなんです。

山口

人間って遠い昔からこうやって外で火を囲み、料理をしていたんだろうなと思いますよね。先日、友人と海に行った時、浜辺で流木を集めてたき火をしながら、家から持ってきたスープを温めて食べたんです。最高でした!

有賀

それは最高ですね!料理をしなくても、何かを串に刺して温めたりするだけでも、豊かな気持ちになるし、温かいものを囲むということが人間の本能に触れるんですかね。

山口

今の季節なら、カセットコンロをベランダに持っていって、何か温めるだけでも楽しいですよね。

有賀

私も家族でやっています!カセットコンロとホットサンドメーカーをベランダや近所の公園に持っていって、外でホットサンドを作ったり、コーヒーを挽いてお湯を沸かしたり。たったそれだけのことで、家で同じことをするのと全然違うんですよね。そこがアウトドアのおもしろいところです。

山口

そうですよね。それに、アウトドアだとスープ料理のメリットがより感じられますよね。洗い物が少ないとか、多少煮すぎても大丈夫とか。

有賀

スープって原始的な料理だからこそ、アウトドアにぴったりなのかもしれませんね。

さて、この連載は『耳で楽しむおいしいスープレシピ』ということで、アウトドアならではの鳥の声、風の音、川のせせらぎとともに、料理の音も楽しんでいただきたいと思っていました。いかがでしたか?

山口

すごく楽しかったです!何かを切る音って、意識的に聴かなければ聴こえない音だと思うんです。例えば、しょうがを切る時に「サクサク」じゃなくて、繊維を「ザクザク」切っているなぁとか。野菜によって切る音もまったく違いますよね。

有賀

今回も、トマトとしいたけとねぎ、それぞれ違いましたよね。しいたけは「モケモケ」するような音がしたり(笑)。意識して聴いてみると、それだけで豊かな気持ちになりますよね。

山口

本当にそうですね。今回は久しぶりにアウトドアで料理ができて楽しかったです。ありがとうございました!

前編はこちら

img_soupoutdoor_003-guest

ゲスト:山口祐加さん

自炊料理家、食のライター。7歳の頃から料理に親しむ。出版社、食のPR会社を経て2018年よりフリーランスに。料理初心者に向けた対面レッスン「自炊レッスン」や、セミナー、出張社食、執筆業、動画配信などを通し、自炊する人を増やすために幅広く活躍中。好物は味噌汁。Voicyにて「山口祐加の食べラジオ」を配信中。

有賀 薫

スープ作家。約10年間3500日以上、毎朝作り続けたスープを土台に、シンプルで作りやすいスープのレシピや暮らしの考え方を発信。雑誌・ウェブメディアなどの連載多数。著書に『スープ・レッスン1.2』(プレジデント社)、『朝10分でできる スープ弁当』(マガジンハウス/2020年レシピ本大賞入賞)など。2022年9月末に『ライフ・スープ くらしが整う、わたしたちの新定番48品』(プレジデント社)を刊行予定。

この記事をシェアする

撮影:木村琢也

がんばる日も、がんばらない日も、あなたらしく。

がんばったことやがんばらないと決めたこと、
ハッシュタグをつけてアイスム編集部に教えてください!

#アイスムがんばる日

投稿する

#アイスムがんばらない日

投稿する