トマトのミートソースドリア

コウケンテツの「つくってみよう!休日かぞくごはん」#23

2022.12.06

こどもたちが自分で作ることのできる、「休日かぞくごはん」をコウケンテツさんに教えてもらうシリーズ。第23回は、「トマトのミートソースドリア」です!

包丁包丁や火火を使うところはマークでしめしているので、おうちの人が見守ってあげてくださいね。

レシピをダウンロード(PDF)

こどものためにデザインしたレシピをこちらからダウンロードしていただけます!

トマトのミートソースドリア


材料(2人分)

img_kazokugohan_023-01

  • あいびき肉…200グラム
  • トマト…1個
  • 玉ねぎ…1/4個
  • (A)
  • ケチャップ…大さじ2
  • ウスターソース…大さじ1
  • 酒…大さじ1
  • ピザ用チーズ…50グラム
  • サラダ油…大さじ1
  • あたたかいごはん…2人分
  • 好みでパセリ…適宜

作り方

1. 包丁トマトはたて4等分に切って、へたを切り、2センチ角くらいに切ります。
img_kazokugohan_023-02
2. 包丁玉ねぎは芯を切って、たてにうす切りにします。
img_kazokugohan_023-03
3. 火フライパンにサラダ油をいれて、玉ねぎをいためます。
img_kazokugohan_023-04
4. 火しんなりしたらあいびき肉を加えて、肉の色が変わるまでほぐしながらいためます。
img_kazokugohan_023-05
5. 火肉の色が変わったら、トマトを加えてつぶしながら全体をいためます。
img_kazokugohan_023-06
6. 火Aを加えて混ぜ、3〜4分ほど中火でとろみがつくまでにつめます。
img_kazokugohan_023-07
7. 耐熱容器にごはんを盛り、6とピザ用チーズをのせます。
img_kazokugohan_023-08
8. トースターで3~4分こんがりと焼き、お好みでパセリをそえてできあがりです!
img_kazokugohan_023-09

レシピのポイント

  • ミートソースはしっかり煮つめて水分を飛ばすと、うまみが凝縮ぎょうしゅくしておいしくなるよ!!
  • たまねぎは、油が冷たいうちからいため始めてだいじょうぶ。やけどに注意して、落ち着いてゆっくりいためてね!!

コウケンテツさんからのメッセージ

img_kazokugohan_023-10

ーーコウさんのおうちのスタメン食材を三つ教えてください!

 必ず冷蔵庫にあるのは、鶏もも肉、きゅうり、卵の三つです!!

ーーコウさんは「おうち飲み」はしますか?もしする場合、どんなおつまみを用意しますか?

毎日一人で飲んでいます。おつまみは夜ごはんとは別に自分だけのために作るので、「刻んだ野菜とハーブのサラダ」「生ハム&チーズ」「スパイス炒め」が定番です。


特別レポート

コウケンテツさんのキッチン収納を見せてもらいました!

連載やYouTubeの撮影でスタジオとして利用されているコウケンテツさんのキッチン。先日オンラインイベントとしてキッチンツアーが開催され、私たちアイスム編集部もたくさんの調理道具がどのように収納されているのか見せていただきました!

img_kazokugohan_023-11

フライパンはしまってあるものも含めると30〜40個あるそうです。よく使うものはすぐ取り出せるところに置いてあり、上の棚から、小さいサイズ、中くらいのサイズ、大きいサイズ、深さのあるもの、という風に分けられています。その横のかごには、コウさんが好きで集めているという鍋敷きがたくさん入っていました。

img_kazokugohan_023-12

調理道具を収納している引き出しの最大のポイントは、市販のトレーに合わせてサイズをオーダーしたこと。数種類の包丁や小さい道具も“住所”が決められており、しまう時に迷いません。

img_kazokugohan_023-13

コウさんによると「収納の高さは盲点になりがち」。入れたいものに合わせて高さもきちんと設計することが大事なんですね。

壁側の棚はコウさんの好きな木のカトラリーや調理道具が並べてあり、見せる収納になっています。キッチンの中に少しだけ木の要素を取り入れることで、「見るだけでも落ち着く」のだそう。

img_kazokugohan_023-14「マッコリカップは切り分けた薬味を入れたり卵を溶いたり、手に届く範囲にあるとすごく便利です」とコウさん

リフォームする時に、収納に一番こだわったというコウさん。
キッチン収納についてもっと知りたい方は、ブランシエラクラブ「コウケンテツさんこだわりのキッチンツアー&料理教室」のレポートをぜひご覧ください!

branchera_banner

コウケンテツ

料理研究家/大阪府出身。旬の素材を生かした手軽でおいしい家庭料理を提案し、テレビや雑誌、講演会など多方面で活躍中。30か国以上の国を旅して世界の家庭料理を学ぶ。3児の父親としての経験をもとに、親子の食育、男性の家事・育児参加、食を通してのコミュニケーションを広げる活動にも力を入れている。
近著は『本当はごはんを作るのが好きなのに、しんどくなった人たちへ』(ぴあ)、『アジアの台所に立つとすべてがゆるされる気がした』(新泉社)。

この記事をシェアする

撮影:キッチンミノル
レシピデザイン(PDF):山辺りさき

レポート撮影:清水純一
取材協力:長谷工グループ ブランシエラクラブ

がんばる日も、がんばらない日も、あなたらしく。

がんばったことやがんばらないと決めたこと、
ハッシュタグをつけてアイスム編集部に教えてください!

#アイスムがんばる日

投稿する

#アイスムがんばらない日

投稿する